2007年02月19日

無国籍の子供とは?

戸籍のない子供が増えているというニュースを見ました。
なぜ?日本の中でこんな事が起きてしまったのか!
実は民法では、離婚後300日以内に生まれた子は、前
の夫の子供とするという条文があって出生届が出せない
ことになってしまうらしい。
赤ちゃんは(とつきとおか)10カ月と10日で生まれてくると昔聞いたことがありますから、それなりの根拠はあるのでしょうが、社会的な環境も状況も昔とは違ってきています。
離婚後299日で出生届けを出しても受理されないから、出
生日を作為で遅らせるか前の夫の子としなけらばならなくなる。
かえって法律が邪魔をして真実が曲げられることになる可能性が大です。
民法772条は明治31年7月16日に施行されたままいまだ
改正されていません。
身体に合わない服はほころびがでますよ〜。


国籍とはなんでしょうか!

(以下の文面はウイキペディアから引用しています)

国籍唯一の原則
人は必ず国籍を持ち、かつ唯一の国籍を持つべきとする原則である。国籍単一の原則とも呼ばれる。

二重国籍の場合、複数の国家から国民としての義務の履行を要求されたり、いずれの国家の外交的保護を認めるかという点で紛糾を生じる場合がある。また、無国籍の場合、居住国で不当な扱いをされた場合でもいずれの国家からも外交的保護を与えられないことになるし、外国人を国外退去させる場合に引取要求先となる国家が存在しないことになる。このような不都合を避けるために、立法上の原則として認められている。

もっとも、国籍法の内容が各国により異なるため、無国籍や二重国籍は完全には防止できない。そのため、国内立法においては無国籍や二重国籍をできるだけ防止するようにすべきという一つの理想に過ぎないともいえる。

現在では二重国籍を容認すべきという考え方が広まっており、欧米を中心に容認する国が増加しているため、原則とは言い難い状況になりつつある。 アメリカやイスラエル、またイギリスをはじめとしたヨーロッパ諸国など、数多くの国において以前より二重国籍を認めている。


国籍自由の原則
かつては永久忠誠の原則が支配し、国籍の変更・離脱は自由には認められていなかったが、その後、国家による国籍の強制は決して望ましいものではないという考え方が支配的になり、国籍離脱を認める国内立法がされるようになった。

もっとも、国籍唯一の原則との関係から、無国籍や二重国籍になる自由を含むものではないので、それらを防止する限度では制約がある。


国籍の取得

出生による取得
出生による国籍の取得については、親の血統と同じ国籍を子に与える立法、すなわち自国民から生まれた子に自国の国籍の取得を認める血統主義と、出生地の国籍を子に与える立法、すなわち自国で生まれた子に自国の国籍の取得を認める生地主義とがある。

日本、大韓民国、フランスなどは血統主義が原則であるのに対し、アメリカ合衆国、アイルランドなどは生地主義が原則である。

もっとも、いずれの国の立法も一方の主義に徹底しているわけではなく、無国籍防止や子どもの人権擁護の観点から両者を併用しているのが実情である。上記のフランスも含め、EU諸国では血統主義であっても、少なくとも自国に永住する外国人の子や孫には国籍の取得を認めている例が多い。


身分行為による取得
国によっては、外国人が自国民との間で婚姻、養子縁組などの身分行為をした場合に国籍の取得を認める立法例がある。このような事由による国籍の取得が認めるのは、家族によって国籍が異なると、国籍を異にする国家間で戦争などがあった場合に家族が崩壊する恐れがあるとの考慮などによる。

もっとも、このような立法例は少なくなっており、日本の国籍法でも準正の場合に届出がされる場合を除き採用されていない。

国家、国民、国籍とは

戦後の日本に時流に迎合せず大胆な意見と自由主義を貫いた先見の明ある石橋湛山という首相がいました。

格差社会が進行するこの日本での愛国心や閉塞感の議論について、湛山は何を言うだろうか。

湛山の論文にはこんな言葉がのこっているとしての結びが記されていた。

「人が国家を形づくり、国民として団結するのは、人類として、個人として、人間として生きる ためである。決して国民として生きるためでもなんでもない」
posted by でんじろう at 00:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

教育再生会議

教育再生会議(きょういくさいせいかいぎ)は、教育改革(再生)への取組みを強化するため安倍内閣によって新たに設置された機関である。2006年10月10日の閣議決定により設置された。会議そのものは内閣に、担当室は内閣官房に属する。

こうした諮問機関で集められる有識者とは通常エキスパート(experts)を意味する場合が多いが、「委員には教育現場の経験者が二人のみ」、「教育問題を専門に研究している学者が一人もいない」、「高齢者が多い」、「思想的な偏重がある」など、その人選に実効性、公正性両面で疑問を呈し「安倍首相の仲良しクラブに過ぎないのではないか」とする批判もある。
(上記はウイキペディアより引用)


教育現場からの意見は重要であると思います。私は兵庫県の但馬地方に会社の転勤で約15年近く住んでいました。
そこは教育再生会議のメンバー、蔭山英雄先生の故郷でもあり、学校で教鞭をとる傍らで、近所の子供達を集めて、蔭山の英雄ちゃんが研究も兼ねて無料で子供を教えていると評判の塾があり、学習能力の向上した子供さんたちを数多く輩出していました。私の家庭も近くにあつたのですが、私の子供達は蔭山先生の教え子達とは年齢がかなり上であつたので、その恩恵は受けていませんが、近所の子どもさんには学力がかなり向上したお子さんがいました。
こうした蔭山先生の研究と努力が実を結んだ結果が百マス計算や子供達への教育方法に表現されたのだと思っています。

昨日、朝日ニュースターをテレビで見ました。
鈴木 寛さんという民主党参議院議員の方が、番組で言っていたことですが、フィンランドの子供達の学力が世界でトップになっていることに関連して、子供100人あたりの教員の数が2本の2倍、教員は全員大学院以上の資格を持っている。教育予算では、OECD先進国対GDP比率で日本は2,7%だが、フィンランドは4%ある。授業時間は日本より1割少ないと言っておられました。

私達家族は神戸でフィンランドのご家庭3家族とかなりの親交がありました。キリスト教の宣教師ご夫妻やコンピュータ関連の技術者ご夫妻などですが、大津のフィンランド人学校までご両親は毎週子供達を送迎していたようです。
日本が学力向上を学ぶ場合、大津のフインランド人学校は日本にあるので、とても研究しやすいのではないでしようか。

ただし、ここで見逃がしてはいけないのは、教育技術の問題ではなく、日本人のこころの問題ではないでしょうか!
いじめという言葉が世界の共通語になるほど、子供達が傷ついています。
いじめをしている生徒もさることながら、それを隠そうとする教育委員会や学校当局の制度も問題です。教育するほうが、このような不誠実さでは、子供達の学力も心も向上しないと考えます。

教育管理職の大人たちは子供達にすでに心を見抜かれていると思います。したがって、いじめ問題については「いじめを行う生徒の処分を厳罰化する」方針であるとききますが、その前にまず、正義感と愛情のある先生を教育界は育ててほしいと思います。
((本当の愛情には自己犠牲が伴うことの解る先生をです))


「学校週五日制の見直し」や「社会奉仕の義務化」などを提言しているがこれも必要かもしれない。しかし、 枝葉だと思っています
posted by でんじろう at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

ゴルフは紳士のスポーツ?

欧米では、プロゴルファーは紳士という概念が定着している。
しかし、日本では、スコア改ざんが相次いでいる。

西雅樹が、スコアを消しゴムで消して書き直したことが、報
道されたが、処分は5年間の出場停止であった。
しかし、この処分には強ければ海外ツアーは可能という抜け
道があつたようだ。

女子では、滝浪愛がスコアを改ざんし、10年間の会員資格
停止となったが、こちらには、実力的に海外ツアー挑戦はき
びしいようだ。

さらに、ジュニアの状況はひどく、親が子供をプロにして、
お金を稼がせることを考えていると語る関係者もいる。

欧米でもクリスチャンは近年少なくなっているそうだが、紳士
のスポーツとして全盛のころは、神様が見守っていてくださる
から神様からの祝福を得る為にもルールを守るというというス
ピリットがあったように思います。


ルールとマナー

(ウイキペディアから引用)
イングランド起源のサッカーやラグビーと同様に基本的なルールは簡単である。ゴルフのルールは簡単に言えば「あるがままに打つ」が基本原則である。プロトーナメントにおいては競技委員がいるが、本来は自分の他には審判がいないスポーツである。ルール上はボールの交換のように他の競技者の確認が必要な場合もあるが、あくまでも競技者自身が審判でありルールはもちろんのことマナーを守ることが非常に重視されるので「紳士のスポーツ」と呼ばれている。





(イザ!ニュースより引用)

淑女のスポーツ米女子ゴルフツアーの今季第2戦

フィールズ・オープンは24日、ハワイ・カポレイのコオリナGC(パー72)で第2ラウンドの残りと最終ラウンドを行い、宮里藍が通算11アンダーの205で3位に入った。

 努力と才能の人、藍ちゃんガンバレ








***ちょっといっぷく***

このあいだTV番組で、ゲートボールのインストラクターさん指
導のもと、あさおか ゆきじ、ぐっち ゆうぞう、みやもと 
あもん、ひかわ きよし、等が、ゲートボールをしていました。
とても楽しそうでした。
ゲートボールはゴルフのパットの要素が多いし、相手の玉に当て
スパークさせるなど、ボーリング的なところも少しあるし、楽し
いスポーツだと感じました。
子供から若い人からお年寄りまで参加できて年齢を問わ
ないので、幅の広いコミニュケーションがとれそうです。
だらだらとへたくそなゴルフをやってきましたが、これか
らは、ゲートボールに転向しようと思っています。






posted by でんじろう at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

女性を「産む機械」に例えた発言について

このサイトのコンテンツは、ウイキペディアから概要が引用されています。全ての著作権はウイキペディアにあり、GFDLのライセンスが適応され、保護されています。

ウイキペディアはこちら http://ja.wikipedia.org/

GFDLのライセンスはこちらhttp://www/gnu.org/licenses/fdl.html



女性を「産む機械」に例えた発言である。
柳沢伯夫厚生労働大臣は2007年1月27日、島根県松江市で開かれた自民県議の後援会の集会で「…生む機械って言っちゃあまぁアレだけども、装置がもう数が決まっちゃったから、機械の数が…機械って言っちゃあまぁほんとぉ申し訳ないんだけども(会場内失笑)…そういう〜のが決まっちゃったということになると、あとは1つの…ま、機械って言っちゃごめんなさい、その産む、産む役目の人が1人頭で頑張ってもらうしかないんですよ皆さん!…」という発言をし、議論を呼んでいる。
この件はすぐに謝っているんだしと・・柳沢さんを養護する声も聞こえるが、人は心で思っていることが、声になるので、やはり柳沢さんの勉強不足である。
また、最近は、夫婦が二人の子供を授かることが健全とアンケート調査ではでていると発言し、この健全発言をめぐって、不妊の女性達からも批判を受けている。
これは、本人は謝罪する気はないらしいが、勉強不足です。
古い頭のまんまで発言しているので、これからもこのような発言はありえることです。
現在の少子化は、企業による派遣制度等、雇用状態の変化により将来的生活の不安定さの為、結婚や出産を諦めざるを得ないケースが増加している。労働政策研究・研修機構の2005年のレポートによれば、男性は正社員であれば結婚率が高く、また収入が高いほど結婚率が高くなる。女性については、収入と結婚率との間に明確な差は現れてはいない。

また男女雇用機会均等法の施行により、女性が「仕事でお金をもらえる事に比べて子育ては損」と思うようになってしまった事も原因であるとの指摘もある。
でも私は子育ては女性の特権だと思います自分の子供の一番かわいい子育ての時期をお金に換えてしまうことこそ大損ではないでしょうか

その他の要因として、産婦人科医や小児科医の不足(→出産難民参照)、治安に対する不安の高まりなどが指摘されている。

(政策について)

金融
金融担当大臣就任当時、「日本の銀行はいたって健全であり、公的資金の投入は必要ない」などと発言し、その姿勢から、経済財政政策担当大臣の竹中平蔵と対立した。
この対立は、そのまま内閣府経済財政諮問会議などの場で議論が繰り返され、最終的には、内閣改造時に柳澤が更迭され、竹中が金融担当大臣を兼務することで決着した。
日本の憲政史上稀に見る「政策の対立による閣僚更迭」となった。

財政
旧大蔵省(現・財務省)出身で、自由民主党税制調査会会長を務めた経歴から、自民党屈指の「増税による財政再建論者」と評される。法人税減税には反対していないが、消費税増税を強く主張しているという。
財政通とされる谷垣禎一や与謝野馨と連携しているとされたが、一方で彼らとは一線を画す立場とされる安倍内閣に入閣した。

労働
以下の内容の「ホワイトカラー・エグゼンプション(残業代ゼロ)」法案を強力に推進した。
一定時間を超える残業代の支払いを行わない(サービス残業合法化)
週40時間労働基準の撤廃
雇用者の健康管理義務削除・労災対象からの除外(過労死合法化)
非正規雇用の正社員化を法案から除外
柳澤厚生労働大臣は同法案関連法案を2007年1月25日の通常国会へ提出することを目指したが、サラリーマンだけでなく他の国民からも
日本の輸出依存度は10%に過ぎないので内需を冷やす分だけ成長率を下げる。あまりに輸出企業(経団連で力を持つキヤノン、トヨタか?)の利己的利益に偏った法案
自民党は経団連などの財界から政治献金欲しさに国民を裏切った--などと世論からの総反発を受けた。
(商業メデイアは7割反対と報じていたが、操作の介在しないインターネット世論調査では郵政造反議員復党問題の14倍の投票数を集め、9割近くが反対であった)
安倍内閣の支持率が急低下し、自民党内部から批判がでてもなお、諦めず厚生労働大臣として強行しようとしたが、安倍首相が審議見送りを決定し、見送られることとなった。
現在も同法案の実施を推進しており、2007年1月現在、広範囲な国民世論の強い批判を浴びている。
これでは再チャレンジと矛盾しませんか?まとめ
posted by でんじろう at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃんポストの設置について

 
育児が困難な親から新生児を預かる「赤ちゃんポスト」の設置を熊本市に申請中の慈恵病院の蓮田太二理事長は4日会見し「国と協議中」との理由で設置許可が遅れているため、国に直接理解を求めていく考えを明らかにした。熊本市は昨年12月15日に設置許可申請を受け、刑法や児童福祉法上の問題がないか国に照会したとの記事を毎日新聞で読んだ
匿名の親から赤ちゃんを受け入れる施設「こうのとりのゆりかご」(通称)
のような施設はすでに、ドイツ等にもあると聞いているが、承認されれば、国内では初めての導入となる。
児童相談所に赤ちゃんを託すには親が名前を明かす必要があるので、問題点も多い、同病院では、あくまでも緊急の措置で、捨ててもらうのが、目的ではなく、不幸な中絶を少しでもなくしたいと理解を求めている。
世間体に縛られての中絶防止、赤ちゃんに生活が拘束されるという自己中心的な考えからの中絶の防止、経済的負担を回避するための中絶防止等人間の弱さを解っている制度だと思います。しかし、日本では初めてになるので、法整備もできておらず、行政もとまどっているだろう。
この赤ちゃんにも将来の善良なる市民や磨いてない不運なダイアの原石が含まれている。
よりよく育てる為の愛情のあるプログラムや法整備が今後は必要になると思うが、まずは、先行の国の状況を研究しながら、実行することが必要だと思っています。

下記の文と画像はウイキペディアからの引用されています。

こういった設備の目的は、望まれない赤ちゃんを殺害と中絶から守ることにある。こと新生児では外界に対する適応力(恒常性を維持する能力)が弱く、また単純に捨て子として何らかの施設前に放置されると野犬や低体温症・熱中症といった脅威に晒される危険性すらあるため、これら危険から守るために設置されている。

設置に際しては、しばしば捨て子を容認するのかと言った議論にも発展するシステムではあるが、それ以上に捨て子が依然として存在している以上、それらの新生児は早急かつ安全に保護されてしかるべきだという議論もあり、モラルと人道の双方の観点からの議論は続けられている(後述)。

300px-Babyklappe.jpg
(ドイツの赤ちゃんポスト内側)


ヤフー記事↓↓↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070227-00000027-mai-int

posted by でんじろう at 19:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。