2007年07月29日

インターネットビジネスとは何か?




下記の下線部以外はウイキペディアより引用しています。

おおまかにザックリと言ってしまえば、日本の約半数の世帯がインターネットの出来る環境を持っている。そこで、アフィリエイトをする人や情報起業する人が多く出ているが、特に情報起業をする人の質やモラルの低下を憂いた和佐大輔氏や木坂健宣氏らがネットビジネス大百科を書いた。特にこれからネットビジネスで稼ごうと考えておられる方はそのマインドや知識をネットビジネス大百科で吸収しぜひ成功してください





インターネットビジネス
インターネットビジネスとは、インターネットを使ったビジネスモデルの総称で、ネットビジネスと略すこともある。



広告主導型ビジネス
インターネットが普及した結果、瞬時に大量のアクセスを集めることが可能になった。このビジネスの典型的なスタイルがポータルサイトである。多くのユーザーはWWWにアクセスする際、最初にポータルサイトにアクセスする。したがって、大量のアクセスを集められるポータルサイトは、巨額の広告収入を手にすることができる。ポータルサイトの代表的な例は、Yahoo!やGoogleなどのサーチエンジンである。日本のプロバイダ各社もポータルサイトの一角に入ろうとして、競争は激化している。


電子商取引インターネットを使えば、双方向にコミュニケーションできる。この利点を生かして、メールマガジンで直接、消費者や取引先企業に広告し、ウェブサイトに誘導すれば、見込み客を集客でき、また商品やサービスを販売することもできる。また、従来のチラシや新聞、雑誌などの紙媒体、テレビなどのメディアよりも圧倒的な小予算で全国あるいは全世界を対象に宣伝できることから、中小企業がネットショッピングに参入したり、個人がインターネットで起業することが容易となった。そのため、マーケティング手法を駆使して儲けを大きく伸ばしている企業もある。その反面、先行投資してもなかなか資金を回収できないという企業も多い。

電子商取引で重要になるのはアクセス数と成約率である。どれだけの利益を得られるかは、アクセス数×成約率という式で表される。成約率がゼロなら、利益はゼロである。アクセス数と成約率を上げるためには、適切なマーケティング戦略を取り入れ、実践することが欠かせない。

インターネットビジネスの今後電子商取引によって新たな流れが生まれている。コミュニティの形成である。人はどこかに所属したいという欲求をもっている。その場をサイト運営側が提供すると、顧客はコミュニティ化する。講演会やオフ会などで実際に顔を合わせることで、コミュニティの絆はより強固になる。いったんコミュニティができあがると、商品やサービスを次々と売ることもできる。このように顧客を囲い込み、強い絆で結ばれたコミュニティを形成することが、電子商取引で成功するための要となるといわれる。インターネットビジネスの将来は未知数だが、顧客によるコミュニティを形成できれば、ビジネスを継続できるものと考えられる。

成功したと考えられる例:

・YouTube

あらゆる動画を扱うサイト。ユーザーに動画をアップロードして、訪問者がそれを視聴出来る。2005年2月に運営会社が設立され、当初はそれほど有名ではなかったが、さる外国テレビ局による報道で一躍有名となった。現在は1日1億回以上の動画閲覧数を誇る。

また、2ちゃんねるやブログなどが日本からのアクセス増加を後押ししたとされ、日本のアニメなど、著作権を侵害する動画が無断でアップロードされ続けている。利用者の急増により莫大な回線コストがかかり、どのようにして収益を上げていくかが課題となっていたところ、Googleが2006年10月9日に約16億5000万ドルで買収を決定した。



・ASP(Affliate Service Provider:アフィリエイトサービスプロバイダ)
ネット上のバナー広告やテキストを提供し、契約したWebページオーナーやブログオーナーに掲載して貰い、利益を分配する方式の広告を提供している会社。成功報酬型広告またはアフィリエイト・プログラムとも言われる。



本形態はインターネットが無ければ成立し得なかった形態であり、インターネットビジネスの裾野を広げたという事に於いても、重要な意味を持つ。現在、多種多用なジャンルの広告があり、どのような趣旨のブログ、Webページに於いても選ぶ事が可能なまでに成長し、一部ASPでは株式市場上場まで果たしている。このような状況から、ASPはインターネットビジネスに於いて非常に重要な位置を占めており、今後も発展していくと予測される。
但し、Web上での契約であるが故に、書面を交わす等の行為がない事により、初期の契約を無視、軽視したような不正行為を広告掲載側、広告主側、双方が行っている事例が常に報告され続けており、一部ASPでは広告掲載側、広告主側、双方に対して監視を行い始めている。

また、2006年後半から金融広告の撤退により、ASPの利益減少が出て来始めており、それとともに広告掲載側の売上、利益減少が顕著になりつつある。これは上場ASPの決算報告書において各社が指摘している。

posted by でんじろう at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。