2007年06月10日

幼稚園教諭の時給が未来はアップする。

幼稚園教諭の時給が将来上がるのだという。2004年の時給が「1564円」。それが「2246円」になる。2007年5月19日付の週刊東洋経済が「あなたの給料は激変する!『未来時給』」という特集のなかで報じた。先進国では見られるように、幼児教育が拡大し、それに伴って上昇する可能性があるとし予測している。

時給がボーダーレスになる
幼稚園教諭は、先進国と比べると英国、ノルウエー、米国、ドイツ、カナダに次ぐ第6位の水準にある。

「未来時給」とは、将来仕事が同じであれば国が違っても時給は同じ水準に収斂するという仮説のもと、週刊東洋経済が米・英などの先進国の職業別時給を参考に弾き出した独自の指標だ。今後、グローバル化が進み、時給がボーダーレスになると、企業は就労者に仕事をさせるのに「どの国の、どの人がよいのか」を世界中からさがすことになると指摘している。同誌は中国・大連にあるコールセンター業務を例に、日本人と中国人が同レベルの賃金水準で働いていると伝えている。すでに時給のボーダーレスは始まっている。

写真はライブドアニュースより引用

80_fstn07-1811_pho01-m.jpg




少子化なのに、幼稚園教諭の時給はがるの?

 幼稚園教諭の04年の時給は「1564円」。それが未来時給だと「2246円」に上昇する。いまや小学校受験がブームとなり、「受験に勝たせる」幼稚園教諭のニーズが高いのが理由の一つのようだ。


「幼稚園の先生は安いんですよ。時給1500円だと8時間労働で月24万円。でも、勤続10年でも貰えませんね」(東京私教連の役員)

幼稚園教諭の初任給は、短大・専門学校卒で15万〜16万円。それが勤続10年で20万円。20年勤めて、ようやく25万円程度になる。いったいどうやって暮らしていくのか、という水準だ。

有名私立幼稚園のほうが賃金水準は高く、なかでも幼稚園から小・中・高校までの、いわゆる一貫教育校になると、幼稚園教諭でも高校教諭並みの賃金を貰っているという。
(以上ライブドアニュース引用)

しかし、幼稚園の先生は結婚すると辞める人が多いのです。しかし、
学校教育法で守られていて、夏休みがあっても給与が支給されたりして、人気がある職業ですので、募集すれば苦労しなくても集まる。だから経営者も賃金を上げようとしないようです。

では、「未来時給」についてはどうか。J-CASTニュースが全国私立学校教職員組合連合の役員にたずねると、「最近は民間の幼稚園に預かり保育を委託する自治体が増えています。それを受け入れている幼稚園には助成金を充てたりしていていますから、その分手当てが厚くなっています」と、仕事も増えるが賃金もアップする傾向にあると記しています。

少子化で保育園と幼稚園のボーダレス化がすすみ、障害児の見守りという預かり保育を委託する自治体もありますが、補助金をもらう保育園や幼稚園には弱者にたいする本当のおもいやりが必要せす。ともあれ、
「未来時給」を手にするためには、まず幼稚園教諭と保育士の両方の資格を取得し、しかも有名私立幼稚園に勤めるというベクトルを選択した人のものになるのかもしれません。


posted by でんじろう at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44365002
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。