2007年02月21日

藤原紀香さん陣内智則さんオメデトウ!!

このサイトのコンテンツは、ウイキペディアから概要が引用されています。全ての著作権はウイキペディアにあり、GFDLのライセンスが適応され、保護されています。
ウイキペディアはこちら http://ja.wikipedia.org/
GFDLのライセンスはこちらhttp://www.gnu.org/licenses/fdl.ja.html

2006年末、藤原紀香と陣内智則は結婚の話でメディアに注目され、12月10日神戸市内の生田神社で結納を交わし、2007年2月17日に同神社で挙式した。




藤原 紀香(ふじわら のりか、1971年6月28日 - )は、日本の女優、女性タレント。兵庫県西宮市出身。身長171.8cm、B 88p、W60p、H89p、血液型A型。神戸親和女子大学文学部英文科卒。所属事務所はサムデイ。 ミス日本グランプリ受賞者。資格は、英語検定2級 、着物着付け3級など。 趣味は、女磨き、写真、釣り、加圧トレーニング、映画鑑賞、タンゴ、スポーツ全般、アロママッサージ。夫はお笑い芸人の陣内智則。

人物
中学時代はバスケットボール部に所属し、高校時代は落語研究会に所属していた。芸名は「親和亭かつお」だった。[1]
ドラマの役柄なども「悪女タイプ」の配役が多い。
意外な事にピアスを全くしていない。また仕事で髪を染める事があってもすぐに黒髪に戻すなど、意外と奥ゆかしい一面がある。
体型が峰不二子に似ている(SRSの番組内でコスプレした事がある)。
ミス日本グランプリの審査ではその体型の素晴らしさに、審査員からの質問を独り占めにしたほど。本人も「私ならボンドガールもできる」と自負があった。
両親が和歌山県出身であり、よく紀ノ川周辺でデートしていたという。紀ノ川の香りが印象に残ったらしく、「紀ノ川」の「香り」からちなんで紀香と命名された。
母親は紀香よりも大柄で若き日にはミスコンに出場したこともあるが、家族に反対され芸能界入りを諦めた。その為紀香の芸能活動にはとても協力的だという。

芸能界入りにご両親の理解はとても大切だと思います。お母様ご自身の希望を娘の紀香さんで実現させたというところもあるのでは・・・・・・・・・

著書「藤原主義」(幻冬舎文庫、ISBN 4-344-40413-0)によると、芸能界デビュー当初は実家から新幹線や飛行機で仕事場に通っていたが、阪神大震災で親戚や知人を亡くして「やり残したことを後悔しながら死ぬのは嫌だ。これからは自分の夢に向かって生きていこう」と決意し、親元から離れて上京することを決意したとのこと。

やり残すことのないようにしたいと思いつつ時間は過ぎてゆきます。私自身はやりたい事をやり残してしまった。そして時間の経過により、やりたい気持ちも薄くなりました。納得できる人生とは、当然のリスクは覚悟して、夢に向かって一歩を踏み出すことかもしれません



[編集] 国際活動や人道支援への協力
持ち前の正義感から、国内外を問わず、恵まれない生活環境に甘んじる人々を救済しようという人道的支援や、平和を維持したいとする意欲が極めて高く、これに貢献すべく様々な活動を行っている。

2002年には、韓国の女優김윤진(金允珍 キム・ユンジン)とともにサッカー・ワールドカップ日韓共催大会の親善大使に起用され、両国の交流に貢献した。
内乱後のアフガニスタンに赴き、戦災についてのテレビレポートを行ったほか、元々は趣味から身につけた写真技術を駆使して現地での取材を行い、2004年-2005年にはJICA(独立行政法人 国際協力機構)の『ピース・トーク・マラソン』に賛同して、写真展を日本各地で行い人道支援の寄付募集などのチャリティー活動に努めている。
2006年には、国連スタッフと共に独立運動の混乱の最中であった東ティモールへ向かって写真取材を敢行し、後にニューヨーク市内で国家支援を訴える写真展を開催し、その開会式においてスピーチを行った。
作家井上ひさしとの対談の際には、日本国憲法第9条は堅持すべきであるとする立場をとり、反戦平和を主張した

@人道支援とはなんでしょうか?私は愛だとおもいます。愛とはなんでしょうか? 私は支援する人の自己犠牲だと思います。時間の犠牲、お金の犠牲、極端な場合は命の犠牲も・・
A日本国憲法第9条を世界遺産に!テレビ番組での爆笑問題太田総理の発言に私も賛成です。


お笑いに対する造詣
ブレイクする前に関西ローカルの「クイズ!紳助くん」の初代アシスタント(1993年10月〜1997年12月)を勤めたこともあり、その際に司会の島田紳助とトーク中心に絡んでいたことが彼女のお笑いに対する理解や、女優としてコミカルな演技を求められた際の演技力向上に寄与したとされている。
才色兼備の女性がオタク青年と出会い最初は嫌悪感を示していたものの、その真摯な求愛姿勢に徐々に心を動かされてついには結ばれるという、ドラマ「「59番目のプロポーズ」」でお笑いタレント陣内智則とともに主役を演じた際、陣内と息のあったコミカルタッチな演技も披露して、このドラマのハッピーエンド同様に交際を始め結婚するに至った。

素敵な女優さんに成長してほしいです。

陣内 智則(じんない とものり、本名同じ、1974年2月22日-)は、日本のお笑い芸人であり、ピン芸人である。兵庫県加古川市出身。兵庫県立高砂南高等学校卒。身長168 cm。血液型A型。 1人コント形式で音声や映像に対してツッコミを入れるという独特なスタイルに定評がある。あだ名は「ジンくん」「ジンさん」、一時期はヨン様にあやかって「ジン様」と呼ばれて(呼ばせて?)いたこともあった。


、ある日吉本側から「次のイベントでスベったら芸人を辞めろ」と、ついに“最期通告”を受ける。プレッシャーからネタ作りもままならず、開演数分前にようやく完成。そのイベントで今までに無いぐらい評判が良かったため、会社の彼に対する評価も一変。次々と仕事が舞い込むようになる。しかし「ネタは面白いのにしゃべりは絶望的」など批判も多かった。1999年10月スタートの情報番組「ちちんぷいぷい」(毎日放送)の月曜レギュラーに抜擢され、同曜日のかつての人気企画「クイズ私鉄沿線」で関西のおばちゃん層への知名度も徐々にアップ。深夜のバラエティ番組「クヮンガクッ」(同)での"レシート

また、2005年12月31日開催の「輝け!ネタのグランプリ」で優勝し賞金1000万円を獲得した。このことから関西番組を中心に1000万取ったことでイジられることが増えている。

2006年1月19日放送の「なるトモ!」で番組開始から約1時間の遅刻をしてしまう。「陣内智則のひとり番長」生放送終了後、東京から大阪へ向かう新幹線で熟睡、下車する新大阪駅を乗り過ごしたことが直接の原因。この一件は大阪版スポーツ紙などでも報道された。くわしくは「なるトモ!」の項を参照。

7月14日のヨシモト∞で、急性扁桃炎にかかっていると告白。声が出なかったためエンタの神様のスタッフに病院に連れて行かれ、ステロイド注射を打ったという。しかし、結局声は出ず「2年間ずっと眠い」という注射の副作用だけが残ることになった。なおこの日に藤原紀香が渋谷∞ホールまで自分の料理したサムゲタンを届け扁桃炎で弱った陣内を元気付けた。(「恋のかま騒ぎ」より)

(ステロイド注射の副作用が心配です。陣内さん大学病院で診察を受けていそがしくてもじっくり治療してください)


ヤフーニュースご参照下さい。
藤原紀香、本当に自分がお嫁に行くのだと実感!!↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070217-00000005-oric-ent






posted by でんじろう at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。