2007年02月15日

ゴルフは紳士のスポーツ?

欧米では、プロゴルファーは紳士という概念が定着している。
しかし、日本では、スコア改ざんが相次いでいる。

西雅樹が、スコアを消しゴムで消して書き直したことが、報
道されたが、処分は5年間の出場停止であった。
しかし、この処分には強ければ海外ツアーは可能という抜け
道があつたようだ。

女子では、滝浪愛がスコアを改ざんし、10年間の会員資格
停止となったが、こちらには、実力的に海外ツアー挑戦はき
びしいようだ。

さらに、ジュニアの状況はひどく、親が子供をプロにして、
お金を稼がせることを考えていると語る関係者もいる。

欧米でもクリスチャンは近年少なくなっているそうだが、紳士
のスポーツとして全盛のころは、神様が見守っていてくださる
から神様からの祝福を得る為にもルールを守るというというス
ピリットがあったように思います。


ルールとマナー

(ウイキペディアから引用)
イングランド起源のサッカーやラグビーと同様に基本的なルールは簡単である。ゴルフのルールは簡単に言えば「あるがままに打つ」が基本原則である。プロトーナメントにおいては競技委員がいるが、本来は自分の他には審判がいないスポーツである。ルール上はボールの交換のように他の競技者の確認が必要な場合もあるが、あくまでも競技者自身が審判でありルールはもちろんのことマナーを守ることが非常に重視されるので「紳士のスポーツ」と呼ばれている。





(イザ!ニュースより引用)

淑女のスポーツ米女子ゴルフツアーの今季第2戦

フィールズ・オープンは24日、ハワイ・カポレイのコオリナGC(パー72)で第2ラウンドの残りと最終ラウンドを行い、宮里藍が通算11アンダーの205で3位に入った。

 努力と才能の人、藍ちゃんガンバレ








***ちょっといっぷく***

このあいだTV番組で、ゲートボールのインストラクターさん指
導のもと、あさおか ゆきじ、ぐっち ゆうぞう、みやもと 
あもん、ひかわ きよし、等が、ゲートボールをしていました。
とても楽しそうでした。
ゲートボールはゴルフのパットの要素が多いし、相手の玉に当て
スパークさせるなど、ボーリング的なところも少しあるし、楽し
いスポーツだと感じました。
子供から若い人からお年寄りまで参加できて年齢を問わ
ないので、幅の広いコミニュケーションがとれそうです。
だらだらとへたくそなゴルフをやってきましたが、これか
らは、ゲートボールに転向しようと思っています。






posted by でんじろう at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。