2008年02月12日

国際結婚の離婚率43%と夜逃げ補償

200px-Shinto_heirat.jpgライブドアニュース 【オトコ魂】から引用しています。

夫妻の国籍別にみた婚姻件数の年次推移
男性
1位 フィリピン 12,150
2位 中国 12,131
3位 韓国・朝鮮 6,041
4位 タイ 1,676
5位 ブラジル 285

女性
1位 韓国・朝鮮 2,335
2位 アメリカ 1,474
3位 中国 1,084
4位 イギリス 386
5位 ブラジル 292

これを見ると、オトコとオンナのパートナーの国の違いが明確にわかる。オトコには「フィリピン」「タイ」があり、オンナには「アメリカ」「イギリス」があるということだ。オンナが留学先や仕事先でアメリカ人やイギリス人と恋に落ちて結婚するという事が考えられます。

アジアなど海外の事情に詳しいライターの川辺氏は語る。「国際結婚の増加はよいことだと思います。ただ、離婚率が、43パーセントということは文化の違いや物理的な距離という問題もあるかと思います。恋愛結婚なら、それは当人の問題だからいいのかもしれません。けど、お金をだして妻を娶った人になるとそうはならない。オトコからすれば『どうしてくれるんだ。妻が逃げたじゃないか』とかいう話になってしまう。そこに通常の結婚とは違う問題が発生するようです」

現代社会は外国人と結婚している日本人をよく見ます。お堅い公務員のも自営業の人も職業はいろいろです。保育園にはフィルピンのお母さんが子供を預けに来ますが、お子さんに朝食を食べさせていなかったりとか、文化の違いはかなりあります。日本人同士でも、行き違いから離婚率が上昇している今日、結婚はくじ引きのようなものかも知れませんが、出来るだけ注意深くお互いを見つめあつて、結婚したあとは、お互いに許し合い、また相手を愛しましよう。
ラベル:国際結婚
posted by でんじろう at 01:24| Comment(41) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。