2007年02月27日

NHK受信料義務化問題とは?

[NHK]値下げ案なければ義務化見送りも 総務省

 総務省の松田隆利事務次官は26日の会見で、「NHKは経営改革や受信料値下げについて早期に考え方を示す必要がある」と述べた。その上で、「菅(義偉)総務相もNHKの考えをみながら(受信料の義務化を)判断する」と指摘し、NHKが受信料値下げを含む経営改革案を示さなければ、放送法改正の柱である義務化の見送りもあり得ることを示唆した。


 @放送法改正案を3月中にまとめて今国会に提出する予定がある為

 A義務化に併せて受信料の2割程度の値下げや経営改革案を示すようにNHKに求めているがNHKは9月に案を示すとしている為

 菅総務相に助言する専門チームは23日の会合で「NHK受信料義務化を国民にお願いするには、いまのNHK改革案では不十分、時期尚早との考えを一致させている。

(上記ライブドアニュースより引用)




以下は放送法改正問題の経過である


 @昨年の春頃、NHKは法的措置の対象となり得る不払い者に対し、簡易裁判所からの督促状を文書を郵送しようとしたが、職員のカラ出張等の不祥事問題が発覚、世論の反感を買うおそれがあることから、一時的に法的措置を封印した。

 A政府は昨年末から、通信、放送改革に関する議論を本格化。六月ころ与党とともに改革内容をとりまとめた中でNHKの受信料支払い義務化を早急に検討することになった。

Bしかし、政府・与党がNHK改革案をまとめた後、NHKは、延期していた、簡易裁判所による督促状の発送を開始した。

Cこま切れの簡易裁判所からの督促状で請求すれば、NHKは現在の放送法によってする、リスクの大きな裁判をしないですむからだと思います。



(下記はウイキペディアから引用されています)

http://ja.wikipedia.org/wiki/NHK%E5%8F%97%E4%BF%A1%E6%96%99



ケーブルテレビでの受信契約義務
最近になって、ケーブルテレビでNHKを視聴する場合は受信契約の義務を負わないという主張をする者が増えているようである。これは、放送法と有線テレビジョン放送法のそれぞれの解釈から出てきたものである。

NHK側の主張
放送法第32条1項では、協会の放送を「直接受信出来る」ではなく単に「受信出来る」となっている。このことは、アンテナを用いて直接受信しようがケーブルテレビによる再送信で間接的に受信しようが「受信出来る」には変わりなく、最終的にNHKの放送が視聴可能であればケーブルテレビであっても受信契約義務は発生する。アンテナが「自宅にあるか」「自宅以外にあるか」の違いだけであり、有線テレビジョン放送法にはその点についての表記が無いが、これは「書くまでもないこと」ゆえに他ならない。
ケーブルテレビ契約者側の主張
放送法上で定義される「放送」とは「公衆によつて直接受信されることを目的とする無線通信の送信」(第2条1項)であるのに対し、有線テレビジョン放送法上で定義される「有線放送」とは「公衆によつて直接受信されることを目的とする有線電気通信の送信」(第2条1項)である。
このため、放送法第32条1項ただし書きの「放送の受信を目的としない受信設備」に該当するので、受信契約の締結義務は存在しない。
有線テレビジョン放送法第17条にて「放送法第3条、第3条の2第1項及び第4項、第3条の3から第4条まで、第51条並びに第52条を準用する。」とあり、有線テレビジョン放送法内に明確に放送法からの準用部分が規定されている。しかしながら、放送法第32条については準用規定は設けられていない以上、受信契約締結の義務はないと法律上解釈するほかはない。
なお、この場合は誰も受信契約を締結する義務を負ってはいないとされていることが多いが、ケーブルテレビ会社に受信契約を締結する義務があると主張されることもある。


BSデジタル放送等におけるメッセージ表示
最近ではBSデジタル放送に限り、NHKチャンネル(BS-1・BS-2・BS-hi)に合わせた時に画面左下にNHKへ受信機設置の連絡をするよう促すメッセージが出ることがある(BS日テレなど、民間放送のチャンネルでは表示されない)。これは受信規約第7条に基づくもので、目的は受信料の公平負担を徹底することであり、受信を開始してから30日が経過した時点で設置届をまだNHKに出していない場合に表示される(衛星放送の受信契約を締結していても、受信機の設置届を出していないとメッセージが表示される)。

また、デジタル放送受信機に同梱されているB-CASカードのユーザ登録を行う際、「登録されたユーザ情報を使って各放送局がその利用案内を送ることに同意しますか」の選択肢で「いいえ」を選択していると、NHKに受信機を設置した情報が伝わらない為にメッセージが出るようになる。

メッセージ表示を消したい場合は、B-CASカードのユーザ登録の際に先述の選択肢で「はい」を選んで登録するか、メッセージ中に表示される所定の電話番号(フリーダイヤル)に電話をして自分の名前・住所・電話番号、受信機に同梱されていたB-CASカードの番号を言えば、その後NHK(BSデジタル)にチャンネルを合わせた時にB-CASカードのデータ更新が即座に行われてメッセージを消すことが出来る。

この設置届でNHKの受信契約が成立することにはならないが、NHK側で受信者としての情報を把握されることになる為、その後受信契約を締結しなければ訪問・電話などで衛星契約手続きをするよう話を受けることになる。


まとめ

以上に明記された内容により、NHKの受信料を払いたくない理由は、個人々で様々ですが、NHK受信契約の解約は「受信機廃止」が理由であれば、解約は簡単ですが、それ以外の理由での解約は大変困難だと思います。
現在のNHK受信料問題は矛盾と不合理がとても多いのです。

かってのNHKの役割は電波の届かない電波障害地域への受信施設への支援が大でしたが、現在は数多くのケーブルテレビに電波の供給の仕組が、代替されることによって、数限りなく存在した地域の共同受信施設は廃棄され、共同受信組合はほとんどが、解散されています。
したがって、電波障害地域へのNHKの役割はおわりつつあります。
第2幕としての国営放送?の役割は、利用料金の段階的圧縮だと思います。5割以上の削減が出来る目安が出来た時に、義務化によって、滞納や未加入の世帯からの収益を算入すれば採算ベースに見合った計画が可能と思いますが、NHK自身にその改革案を求めるのは不可能に近いでしょう。












posted by でんじろう at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

暖冬で高速道路除雪費用4割減と地球温暖化

200px-Route_405_2006_Winter_001.jpg 東日本高速道路がまとめた降雪シーズン(昨年11月1日〜今年2月20日)の道路状況によると、降雪による通行止量が、前年同期の5分の1にとどまっていることが分かった。
(通行止量とは、通行止めになった距離と時間をかけて算出するみので、前年同期は21.6万キロ時間)

累積降雪量は前年同期で26メートルから5メートルにとどまった
(関越道の湯沢町)

 暖冬の影響で、車による外出が増える一方、除雪費用は激減しており、高速道路会社には「恵み」となりそうだ。

ヤフーニュースYOMIURIONLINE配信から引用


下記のコンテンツは、ウイキペディアから概要が引用されています。全ての著作権はウイキペディアにあり、GFDLのライセンスが適応され、保護されています。
ウイキペディアはこちら http://ja.wikipedia.org/
GFDLのライセンスはこちらhttp://www.gnu.org/licenses/fdl.ja.html



地球は温暖化しつつあり、人類の排出した温室効果ガスがそれに重要な役割を果たしているということは科学的なコンセンサス(合意)となっており、これに疑問を呈している科学者は少数派である。


『 このコンセンサスはIPCC(気候変動に関する政府間パネル)で要約されており、2001年にまとめられた第3次報告では、最近50年間に観測された温暖化のほとんどは,人間活動に起因するものであり、残された不確実性を考慮しても、温暖化の大部分は温室効果ガス濃度の増加によるものであった可能性が高いと結論付けている[3] この姿勢は最近G8構成国およびブラジル、中国、インドの科学者により構成される国際グループ「気候変動に対する世界的対応に関する各国学術会議の共同声明」でも支持された。

世界の平均気温(年平均地表温度)は、上下1.5℃の範囲で、400-500年以上かけて温暖化または寒冷化といった形で上下している。15世紀からは比較的寒冷な期間(小氷期)が続いていたが、これは19世紀ごろまでで終わり、過去一世紀ほどの地球上の(陸地及び海域の)温度は0.6 ± 0.2℃(日本の気温は約1.0℃)上昇し、殊にここ20年ほどの上昇はますます顕著になってきている。大気中の二酸化炭素は1800年のおよそ280ppmから1958年には315ppm、2000年には367ppmと200年間で31%増加し、他の温室効果ガスも増加している。将来の二酸化炭素濃度は実際は、経済、社会、技術、自然開発などの不確かな状況に依存するが、このまま化石燃料の使用を続けると更に増加すると予想される。IPCCではその点を考慮して幅広い排出シナリオを予想しているが、それでも2100年には540から970ppmに達するとしている。

海水温への影響
地球規模の気温上昇に伴い、海水温も上昇する。平均海水温が3℃上昇するだけで、東京湾に生息する魚類が熱帯魚になるともいわれるように、生態系が変化するといわれている。 また多くの予測モデルで、太平洋熱帯域でのエルニーニョ現象が強まるとの結果が報告されている。

京都議定書の発効条件
発効の条件は、以下の両方の条件を満たす必要がある。

55か国以上の国が締結
締結した附属諸国(先進国、積極的に参画した諸国)の合計の二酸化炭素の1990年の排出量が、全附属諸国の合計の排出量の55%以上
後者の条件について、世界最大の二酸化炭素発生国であるアメリカ合衆国が国内事情により締結を見送っている。
発展途上国の自発的参加が見送られ、当初は推進していたアメリカ合衆国も後に受け入れを拒否、ロシア連邦も受け入れの判断を見送っていたため、2004年ごろまでは議定書の発効が行われていない状況であった。
2004年に、ロシア連邦が批准したことにより、2005年2月16日に発効した。
※アメリカ合衆国は依然議定書から離脱している。(2004年12月29日現在)


署名・締約国数

態度未定署名国:84か国
締約国:166か国
排出量:61.6%
2006年2月27日現在。

なお、批准を拒否している米国においては、219都市が独自に京都
議定書を批准している』


アルゴアさんの本と映画である不都合な真実では地球環境問題を不都合な真実と位置づけしています。
人類の真実の敵は人類のモラルであり、人類の敵は人類といっています。
湾岸戦争の頃、外国の政治家は聖書を読んで考えたそうです。
この世の終わりが近づいている。
大艱難(だいかんなん)の時代が近いのでは?・・・・と思ったそうですよ。



昨年の豪雪について

『気象庁の「暖冬」との予想に反して2005年12月から寒気がたびたび流れ込むようになり、低気圧の異常な発達と重なって、日本に大雪と低温、暴風をもたらした。平年の「寒気が南下してくる限界」よりも南に寒気が流れ込んだため、九州や太平洋側でも大雪となった。2006年1月半ばから次第に寒気の流れ込みが弱まり、その後は気温が平年並かやや高めで推移したが、代わりに雪崩の被害が増加した。

原因については、北極振動の発生により北極と日本付近との気圧の差が小さくなり、北極付近の寒気が南下しやすくなったことが考えられている。日本の豪雪と同時にヨーロッパ北部でも大雪が降ったが、そのヨーロッパ北部も日本と同様に北極との気圧の差が小さくなっていた。さらに北アメリカ大陸西部やユーラシア大陸中部では、逆に北極との気圧の差が大きくなり、気温が上昇し降水量が少なくなった。しかし、これら一連の異常は1月半ばから弱まり、北極との気圧の差が小さい地域が移動して、モスクワなどヨーロッパ北東部が寒波に襲われたり、北アメリカ西部で大雪・大雨が降るなどした。

日本では1990年代以降、特に2000年代前半は殆どの年で暖冬傾向が続いていたことや、地球温暖化に対する意識が高まってきており暖冬の傾向が強くなるのではないかとの考え方があったことから、この厳冬と大雪をメディアは大きく取り上げた。また、厳冬と大雪により除雪用品や暖房器具の売り上げが伸び、日本のGDPを押し上げるとの試算もあり、一部に良い面もあった。しかし大雪対策で財政が圧迫される自治体が出るなどもした。









2月21日 気象庁が「平成18年豪雪」を命名。3月1日に報道発表。
3月14日 総務省は3月分の特別交付税7252億円のうち、除雪費として608億円を配分することを決定した』


以上の事から、地球の温暖化は人類の自己中心的な考え方により、どんどん進行している。地球上の気圧の関係で昨年のような豪雪が発生する場合も時にあるが、人類の輩出した温室効果ガスが温暖化の最大の要因であることにかわりはないと考えますから、私達個々は小さくてもマイバック、マイ箸、からスタートした自己啓蒙運動を、地方自治体や政府に対しても長期に渡り継続してはたらきかけなくてはいけないと思っています。



ヤフーニュースはこちら

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070224-00000012-yom-bus_all




古紙100%使用の再生紙は環境にやさしいはウソでした。
実は二酸化炭素の使用量が2倍になる。↓↓↓↓↓
http://news.livedoor.com/trackback/3140335
posted by でんじろう at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

藤原紀香さん陣内智則さんオメデトウ!!

このサイトのコンテンツは、ウイキペディアから概要が引用されています。全ての著作権はウイキペディアにあり、GFDLのライセンスが適応され、保護されています。
ウイキペディアはこちら http://ja.wikipedia.org/
GFDLのライセンスはこちらhttp://www.gnu.org/licenses/fdl.ja.html

2006年末、藤原紀香と陣内智則は結婚の話でメディアに注目され、12月10日神戸市内の生田神社で結納を交わし、2007年2月17日に同神社で挙式した。




藤原 紀香(ふじわら のりか、1971年6月28日 - )は、日本の女優、女性タレント。兵庫県西宮市出身。身長171.8cm、B 88p、W60p、H89p、血液型A型。神戸親和女子大学文学部英文科卒。所属事務所はサムデイ。 ミス日本グランプリ受賞者。資格は、英語検定2級 、着物着付け3級など。 趣味は、女磨き、写真、釣り、加圧トレーニング、映画鑑賞、タンゴ、スポーツ全般、アロママッサージ。夫はお笑い芸人の陣内智則。

人物
中学時代はバスケットボール部に所属し、高校時代は落語研究会に所属していた。芸名は「親和亭かつお」だった。[1]
ドラマの役柄なども「悪女タイプ」の配役が多い。
意外な事にピアスを全くしていない。また仕事で髪を染める事があってもすぐに黒髪に戻すなど、意外と奥ゆかしい一面がある。
体型が峰不二子に似ている(SRSの番組内でコスプレした事がある)。
ミス日本グランプリの審査ではその体型の素晴らしさに、審査員からの質問を独り占めにしたほど。本人も「私ならボンドガールもできる」と自負があった。
両親が和歌山県出身であり、よく紀ノ川周辺でデートしていたという。紀ノ川の香りが印象に残ったらしく、「紀ノ川」の「香り」からちなんで紀香と命名された。
母親は紀香よりも大柄で若き日にはミスコンに出場したこともあるが、家族に反対され芸能界入りを諦めた。その為紀香の芸能活動にはとても協力的だという。

芸能界入りにご両親の理解はとても大切だと思います。お母様ご自身の希望を娘の紀香さんで実現させたというところもあるのでは・・・・・・・・・

著書「藤原主義」(幻冬舎文庫、ISBN 4-344-40413-0)によると、芸能界デビュー当初は実家から新幹線や飛行機で仕事場に通っていたが、阪神大震災で親戚や知人を亡くして「やり残したことを後悔しながら死ぬのは嫌だ。これからは自分の夢に向かって生きていこう」と決意し、親元から離れて上京することを決意したとのこと。

やり残すことのないようにしたいと思いつつ時間は過ぎてゆきます。私自身はやりたい事をやり残してしまった。そして時間の経過により、やりたい気持ちも薄くなりました。納得できる人生とは、当然のリスクは覚悟して、夢に向かって一歩を踏み出すことかもしれません



[編集] 国際活動や人道支援への協力
持ち前の正義感から、国内外を問わず、恵まれない生活環境に甘んじる人々を救済しようという人道的支援や、平和を維持したいとする意欲が極めて高く、これに貢献すべく様々な活動を行っている。

2002年には、韓国の女優김윤진(金允珍 キム・ユンジン)とともにサッカー・ワールドカップ日韓共催大会の親善大使に起用され、両国の交流に貢献した。
内乱後のアフガニスタンに赴き、戦災についてのテレビレポートを行ったほか、元々は趣味から身につけた写真技術を駆使して現地での取材を行い、2004年-2005年にはJICA(独立行政法人 国際協力機構)の『ピース・トーク・マラソン』に賛同して、写真展を日本各地で行い人道支援の寄付募集などのチャリティー活動に努めている。
2006年には、国連スタッフと共に独立運動の混乱の最中であった東ティモールへ向かって写真取材を敢行し、後にニューヨーク市内で国家支援を訴える写真展を開催し、その開会式においてスピーチを行った。
作家井上ひさしとの対談の際には、日本国憲法第9条は堅持すべきであるとする立場をとり、反戦平和を主張した

@人道支援とはなんでしょうか?私は愛だとおもいます。愛とはなんでしょうか? 私は支援する人の自己犠牲だと思います。時間の犠牲、お金の犠牲、極端な場合は命の犠牲も・・
A日本国憲法第9条を世界遺産に!テレビ番組での爆笑問題太田総理の発言に私も賛成です。


お笑いに対する造詣
ブレイクする前に関西ローカルの「クイズ!紳助くん」の初代アシスタント(1993年10月〜1997年12月)を勤めたこともあり、その際に司会の島田紳助とトーク中心に絡んでいたことが彼女のお笑いに対する理解や、女優としてコミカルな演技を求められた際の演技力向上に寄与したとされている。
才色兼備の女性がオタク青年と出会い最初は嫌悪感を示していたものの、その真摯な求愛姿勢に徐々に心を動かされてついには結ばれるという、ドラマ「「59番目のプロポーズ」」でお笑いタレント陣内智則とともに主役を演じた際、陣内と息のあったコミカルタッチな演技も披露して、このドラマのハッピーエンド同様に交際を始め結婚するに至った。

素敵な女優さんに成長してほしいです。

陣内 智則(じんない とものり、本名同じ、1974年2月22日-)は、日本のお笑い芸人であり、ピン芸人である。兵庫県加古川市出身。兵庫県立高砂南高等学校卒。身長168 cm。血液型A型。 1人コント形式で音声や映像に対してツッコミを入れるという独特なスタイルに定評がある。あだ名は「ジンくん」「ジンさん」、一時期はヨン様にあやかって「ジン様」と呼ばれて(呼ばせて?)いたこともあった。


、ある日吉本側から「次のイベントでスベったら芸人を辞めろ」と、ついに“最期通告”を受ける。プレッシャーからネタ作りもままならず、開演数分前にようやく完成。そのイベントで今までに無いぐらい評判が良かったため、会社の彼に対する評価も一変。次々と仕事が舞い込むようになる。しかし「ネタは面白いのにしゃべりは絶望的」など批判も多かった。1999年10月スタートの情報番組「ちちんぷいぷい」(毎日放送)の月曜レギュラーに抜擢され、同曜日のかつての人気企画「クイズ私鉄沿線」で関西のおばちゃん層への知名度も徐々にアップ。深夜のバラエティ番組「クヮンガクッ」(同)での"レシート

また、2005年12月31日開催の「輝け!ネタのグランプリ」で優勝し賞金1000万円を獲得した。このことから関西番組を中心に1000万取ったことでイジられることが増えている。

2006年1月19日放送の「なるトモ!」で番組開始から約1時間の遅刻をしてしまう。「陣内智則のひとり番長」生放送終了後、東京から大阪へ向かう新幹線で熟睡、下車する新大阪駅を乗り過ごしたことが直接の原因。この一件は大阪版スポーツ紙などでも報道された。くわしくは「なるトモ!」の項を参照。

7月14日のヨシモト∞で、急性扁桃炎にかかっていると告白。声が出なかったためエンタの神様のスタッフに病院に連れて行かれ、ステロイド注射を打ったという。しかし、結局声は出ず「2年間ずっと眠い」という注射の副作用だけが残ることになった。なおこの日に藤原紀香が渋谷∞ホールまで自分の料理したサムゲタンを届け扁桃炎で弱った陣内を元気付けた。(「恋のかま騒ぎ」より)

(ステロイド注射の副作用が心配です。陣内さん大学病院で診察を受けていそがしくてもじっくり治療してください)


ヤフーニュースご参照下さい。
藤原紀香、本当に自分がお嫁に行くのだと実感!!↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070217-00000005-oric-ent






posted by でんじろう at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

無国籍の子供とは?

戸籍のない子供が増えているというニュースを見ました。
なぜ?日本の中でこんな事が起きてしまったのか!
実は民法では、離婚後300日以内に生まれた子は、前
の夫の子供とするという条文があって出生届が出せない
ことになってしまうらしい。
赤ちゃんは(とつきとおか)10カ月と10日で生まれてくると昔聞いたことがありますから、それなりの根拠はあるのでしょうが、社会的な環境も状況も昔とは違ってきています。
離婚後299日で出生届けを出しても受理されないから、出
生日を作為で遅らせるか前の夫の子としなけらばならなくなる。
かえって法律が邪魔をして真実が曲げられることになる可能性が大です。
民法772条は明治31年7月16日に施行されたままいまだ
改正されていません。
身体に合わない服はほころびがでますよ〜。


国籍とはなんでしょうか!

(以下の文面はウイキペディアから引用しています)

国籍唯一の原則
人は必ず国籍を持ち、かつ唯一の国籍を持つべきとする原則である。国籍単一の原則とも呼ばれる。

二重国籍の場合、複数の国家から国民としての義務の履行を要求されたり、いずれの国家の外交的保護を認めるかという点で紛糾を生じる場合がある。また、無国籍の場合、居住国で不当な扱いをされた場合でもいずれの国家からも外交的保護を与えられないことになるし、外国人を国外退去させる場合に引取要求先となる国家が存在しないことになる。このような不都合を避けるために、立法上の原則として認められている。

もっとも、国籍法の内容が各国により異なるため、無国籍や二重国籍は完全には防止できない。そのため、国内立法においては無国籍や二重国籍をできるだけ防止するようにすべきという一つの理想に過ぎないともいえる。

現在では二重国籍を容認すべきという考え方が広まっており、欧米を中心に容認する国が増加しているため、原則とは言い難い状況になりつつある。 アメリカやイスラエル、またイギリスをはじめとしたヨーロッパ諸国など、数多くの国において以前より二重国籍を認めている。


国籍自由の原則
かつては永久忠誠の原則が支配し、国籍の変更・離脱は自由には認められていなかったが、その後、国家による国籍の強制は決して望ましいものではないという考え方が支配的になり、国籍離脱を認める国内立法がされるようになった。

もっとも、国籍唯一の原則との関係から、無国籍や二重国籍になる自由を含むものではないので、それらを防止する限度では制約がある。


国籍の取得

出生による取得
出生による国籍の取得については、親の血統と同じ国籍を子に与える立法、すなわち自国民から生まれた子に自国の国籍の取得を認める血統主義と、出生地の国籍を子に与える立法、すなわち自国で生まれた子に自国の国籍の取得を認める生地主義とがある。

日本、大韓民国、フランスなどは血統主義が原則であるのに対し、アメリカ合衆国、アイルランドなどは生地主義が原則である。

もっとも、いずれの国の立法も一方の主義に徹底しているわけではなく、無国籍防止や子どもの人権擁護の観点から両者を併用しているのが実情である。上記のフランスも含め、EU諸国では血統主義であっても、少なくとも自国に永住する外国人の子や孫には国籍の取得を認めている例が多い。


身分行為による取得
国によっては、外国人が自国民との間で婚姻、養子縁組などの身分行為をした場合に国籍の取得を認める立法例がある。このような事由による国籍の取得が認めるのは、家族によって国籍が異なると、国籍を異にする国家間で戦争などがあった場合に家族が崩壊する恐れがあるとの考慮などによる。

もっとも、このような立法例は少なくなっており、日本の国籍法でも準正の場合に届出がされる場合を除き採用されていない。

国家、国民、国籍とは

戦後の日本に時流に迎合せず大胆な意見と自由主義を貫いた先見の明ある石橋湛山という首相がいました。

格差社会が進行するこの日本での愛国心や閉塞感の議論について、湛山は何を言うだろうか。

湛山の論文にはこんな言葉がのこっているとしての結びが記されていた。

「人が国家を形づくり、国民として団結するのは、人類として、個人として、人間として生きる ためである。決して国民として生きるためでもなんでもない」
posted by でんじろう at 00:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

教育再生会議

教育再生会議(きょういくさいせいかいぎ)は、教育改革(再生)への取組みを強化するため安倍内閣によって新たに設置された機関である。2006年10月10日の閣議決定により設置された。会議そのものは内閣に、担当室は内閣官房に属する。

こうした諮問機関で集められる有識者とは通常エキスパート(experts)を意味する場合が多いが、「委員には教育現場の経験者が二人のみ」、「教育問題を専門に研究している学者が一人もいない」、「高齢者が多い」、「思想的な偏重がある」など、その人選に実効性、公正性両面で疑問を呈し「安倍首相の仲良しクラブに過ぎないのではないか」とする批判もある。
(上記はウイキペディアより引用)


教育現場からの意見は重要であると思います。私は兵庫県の但馬地方に会社の転勤で約15年近く住んでいました。
そこは教育再生会議のメンバー、蔭山英雄先生の故郷でもあり、学校で教鞭をとる傍らで、近所の子供達を集めて、蔭山の英雄ちゃんが研究も兼ねて無料で子供を教えていると評判の塾があり、学習能力の向上した子供さんたちを数多く輩出していました。私の家庭も近くにあつたのですが、私の子供達は蔭山先生の教え子達とは年齢がかなり上であつたので、その恩恵は受けていませんが、近所の子どもさんには学力がかなり向上したお子さんがいました。
こうした蔭山先生の研究と努力が実を結んだ結果が百マス計算や子供達への教育方法に表現されたのだと思っています。

昨日、朝日ニュースターをテレビで見ました。
鈴木 寛さんという民主党参議院議員の方が、番組で言っていたことですが、フィンランドの子供達の学力が世界でトップになっていることに関連して、子供100人あたりの教員の数が2本の2倍、教員は全員大学院以上の資格を持っている。教育予算では、OECD先進国対GDP比率で日本は2,7%だが、フィンランドは4%ある。授業時間は日本より1割少ないと言っておられました。

私達家族は神戸でフィンランドのご家庭3家族とかなりの親交がありました。キリスト教の宣教師ご夫妻やコンピュータ関連の技術者ご夫妻などですが、大津のフィンランド人学校までご両親は毎週子供達を送迎していたようです。
日本が学力向上を学ぶ場合、大津のフインランド人学校は日本にあるので、とても研究しやすいのではないでしようか。

ただし、ここで見逃がしてはいけないのは、教育技術の問題ではなく、日本人のこころの問題ではないでしょうか!
いじめという言葉が世界の共通語になるほど、子供達が傷ついています。
いじめをしている生徒もさることながら、それを隠そうとする教育委員会や学校当局の制度も問題です。教育するほうが、このような不誠実さでは、子供達の学力も心も向上しないと考えます。

教育管理職の大人たちは子供達にすでに心を見抜かれていると思います。したがって、いじめ問題については「いじめを行う生徒の処分を厳罰化する」方針であるとききますが、その前にまず、正義感と愛情のある先生を教育界は育ててほしいと思います。
((本当の愛情には自己犠牲が伴うことの解る先生をです))


「学校週五日制の見直し」や「社会奉仕の義務化」などを提言しているがこれも必要かもしれない。しかし、 枝葉だと思っています
posted by でんじろう at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

ゴルフは紳士のスポーツ?

欧米では、プロゴルファーは紳士という概念が定着している。
しかし、日本では、スコア改ざんが相次いでいる。

西雅樹が、スコアを消しゴムで消して書き直したことが、報
道されたが、処分は5年間の出場停止であった。
しかし、この処分には強ければ海外ツアーは可能という抜け
道があつたようだ。

女子では、滝浪愛がスコアを改ざんし、10年間の会員資格
停止となったが、こちらには、実力的に海外ツアー挑戦はき
びしいようだ。

さらに、ジュニアの状況はひどく、親が子供をプロにして、
お金を稼がせることを考えていると語る関係者もいる。

欧米でもクリスチャンは近年少なくなっているそうだが、紳士
のスポーツとして全盛のころは、神様が見守っていてくださる
から神様からの祝福を得る為にもルールを守るというというス
ピリットがあったように思います。


ルールとマナー

(ウイキペディアから引用)
イングランド起源のサッカーやラグビーと同様に基本的なルールは簡単である。ゴルフのルールは簡単に言えば「あるがままに打つ」が基本原則である。プロトーナメントにおいては競技委員がいるが、本来は自分の他には審判がいないスポーツである。ルール上はボールの交換のように他の競技者の確認が必要な場合もあるが、あくまでも競技者自身が審判でありルールはもちろんのことマナーを守ることが非常に重視されるので「紳士のスポーツ」と呼ばれている。





(イザ!ニュースより引用)

淑女のスポーツ米女子ゴルフツアーの今季第2戦

フィールズ・オープンは24日、ハワイ・カポレイのコオリナGC(パー72)で第2ラウンドの残りと最終ラウンドを行い、宮里藍が通算11アンダーの205で3位に入った。

 努力と才能の人、藍ちゃんガンバレ








***ちょっといっぷく***

このあいだTV番組で、ゲートボールのインストラクターさん指
導のもと、あさおか ゆきじ、ぐっち ゆうぞう、みやもと 
あもん、ひかわ きよし、等が、ゲートボールをしていました。
とても楽しそうでした。
ゲートボールはゴルフのパットの要素が多いし、相手の玉に当て
スパークさせるなど、ボーリング的なところも少しあるし、楽し
いスポーツだと感じました。
子供から若い人からお年寄りまで参加できて年齢を問わ
ないので、幅の広いコミニュケーションがとれそうです。
だらだらとへたくそなゴルフをやってきましたが、これか
らは、ゲートボールに転向しようと思っています。






posted by でんじろう at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

女性を「産む機械」に例えた発言について

このサイトのコンテンツは、ウイキペディアから概要が引用されています。全ての著作権はウイキペディアにあり、GFDLのライセンスが適応され、保護されています。

ウイキペディアはこちら http://ja.wikipedia.org/

GFDLのライセンスはこちらhttp://www/gnu.org/licenses/fdl.html



女性を「産む機械」に例えた発言である。
柳沢伯夫厚生労働大臣は2007年1月27日、島根県松江市で開かれた自民県議の後援会の集会で「…生む機械って言っちゃあまぁアレだけども、装置がもう数が決まっちゃったから、機械の数が…機械って言っちゃあまぁほんとぉ申し訳ないんだけども(会場内失笑)…そういう〜のが決まっちゃったということになると、あとは1つの…ま、機械って言っちゃごめんなさい、その産む、産む役目の人が1人頭で頑張ってもらうしかないんですよ皆さん!…」という発言をし、議論を呼んでいる。
この件はすぐに謝っているんだしと・・柳沢さんを養護する声も聞こえるが、人は心で思っていることが、声になるので、やはり柳沢さんの勉強不足である。
また、最近は、夫婦が二人の子供を授かることが健全とアンケート調査ではでていると発言し、この健全発言をめぐって、不妊の女性達からも批判を受けている。
これは、本人は謝罪する気はないらしいが、勉強不足です。
古い頭のまんまで発言しているので、これからもこのような発言はありえることです。
現在の少子化は、企業による派遣制度等、雇用状態の変化により将来的生活の不安定さの為、結婚や出産を諦めざるを得ないケースが増加している。労働政策研究・研修機構の2005年のレポートによれば、男性は正社員であれば結婚率が高く、また収入が高いほど結婚率が高くなる。女性については、収入と結婚率との間に明確な差は現れてはいない。

また男女雇用機会均等法の施行により、女性が「仕事でお金をもらえる事に比べて子育ては損」と思うようになってしまった事も原因であるとの指摘もある。
でも私は子育ては女性の特権だと思います自分の子供の一番かわいい子育ての時期をお金に換えてしまうことこそ大損ではないでしょうか

その他の要因として、産婦人科医や小児科医の不足(→出産難民参照)、治安に対する不安の高まりなどが指摘されている。

(政策について)

金融
金融担当大臣就任当時、「日本の銀行はいたって健全であり、公的資金の投入は必要ない」などと発言し、その姿勢から、経済財政政策担当大臣の竹中平蔵と対立した。
この対立は、そのまま内閣府経済財政諮問会議などの場で議論が繰り返され、最終的には、内閣改造時に柳澤が更迭され、竹中が金融担当大臣を兼務することで決着した。
日本の憲政史上稀に見る「政策の対立による閣僚更迭」となった。

財政
旧大蔵省(現・財務省)出身で、自由民主党税制調査会会長を務めた経歴から、自民党屈指の「増税による財政再建論者」と評される。法人税減税には反対していないが、消費税増税を強く主張しているという。
財政通とされる谷垣禎一や与謝野馨と連携しているとされたが、一方で彼らとは一線を画す立場とされる安倍内閣に入閣した。

労働
以下の内容の「ホワイトカラー・エグゼンプション(残業代ゼロ)」法案を強力に推進した。
一定時間を超える残業代の支払いを行わない(サービス残業合法化)
週40時間労働基準の撤廃
雇用者の健康管理義務削除・労災対象からの除外(過労死合法化)
非正規雇用の正社員化を法案から除外
柳澤厚生労働大臣は同法案関連法案を2007年1月25日の通常国会へ提出することを目指したが、サラリーマンだけでなく他の国民からも
日本の輸出依存度は10%に過ぎないので内需を冷やす分だけ成長率を下げる。あまりに輸出企業(経団連で力を持つキヤノン、トヨタか?)の利己的利益に偏った法案
自民党は経団連などの財界から政治献金欲しさに国民を裏切った--などと世論からの総反発を受けた。
(商業メデイアは7割反対と報じていたが、操作の介在しないインターネット世論調査では郵政造反議員復党問題の14倍の投票数を集め、9割近くが反対であった)
安倍内閣の支持率が急低下し、自民党内部から批判がでてもなお、諦めず厚生労働大臣として強行しようとしたが、安倍首相が審議見送りを決定し、見送られることとなった。
現在も同法案の実施を推進しており、2007年1月現在、広範囲な国民世論の強い批判を浴びている。
これでは再チャレンジと矛盾しませんか?まとめ
posted by でんじろう at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃんポストの設置について

 
育児が困難な親から新生児を預かる「赤ちゃんポスト」の設置を熊本市に申請中の慈恵病院の蓮田太二理事長は4日会見し「国と協議中」との理由で設置許可が遅れているため、国に直接理解を求めていく考えを明らかにした。熊本市は昨年12月15日に設置許可申請を受け、刑法や児童福祉法上の問題がないか国に照会したとの記事を毎日新聞で読んだ
匿名の親から赤ちゃんを受け入れる施設「こうのとりのゆりかご」(通称)
のような施設はすでに、ドイツ等にもあると聞いているが、承認されれば、国内では初めての導入となる。
児童相談所に赤ちゃんを託すには親が名前を明かす必要があるので、問題点も多い、同病院では、あくまでも緊急の措置で、捨ててもらうのが、目的ではなく、不幸な中絶を少しでもなくしたいと理解を求めている。
世間体に縛られての中絶防止、赤ちゃんに生活が拘束されるという自己中心的な考えからの中絶の防止、経済的負担を回避するための中絶防止等人間の弱さを解っている制度だと思います。しかし、日本では初めてになるので、法整備もできておらず、行政もとまどっているだろう。
この赤ちゃんにも将来の善良なる市民や磨いてない不運なダイアの原石が含まれている。
よりよく育てる為の愛情のあるプログラムや法整備が今後は必要になると思うが、まずは、先行の国の状況を研究しながら、実行することが必要だと思っています。

下記の文と画像はウイキペディアからの引用されています。

こういった設備の目的は、望まれない赤ちゃんを殺害と中絶から守ることにある。こと新生児では外界に対する適応力(恒常性を維持する能力)が弱く、また単純に捨て子として何らかの施設前に放置されると野犬や低体温症・熱中症といった脅威に晒される危険性すらあるため、これら危険から守るために設置されている。

設置に際しては、しばしば捨て子を容認するのかと言った議論にも発展するシステムではあるが、それ以上に捨て子が依然として存在している以上、それらの新生児は早急かつ安全に保護されてしかるべきだという議論もあり、モラルと人道の双方の観点からの議論は続けられている(後述)。

300px-Babyklappe.jpg
(ドイツの赤ちゃんポスト内側)


ヤフー記事↓↓↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070227-00000027-mai-int

posted by でんじろう at 19:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。